忍者ブログ
「なつかしの」みたいな話。昭和レトロではなく、古いおたくの単なる昔話と視点のずれた世間話。しかもマイナー好みで忘れっぽい。大空魔竜ガイキングを礎に生きる日々。だと思う。 さぼり気味ですごめんなさい。
プロフィール
HN:
さまんささん
性別:
女性
職業:
バーゲンハンター
趣味:
昔話
自己紹介:
特に何がどうということもなく。
放置気味ガイキングサイトをやってます。URLはサーパラで調べてくださいまし。

コメントがございましたらcommentからどうぞ。

商品画像の使用目当てにamazonアソシエイトになってます。

最新コメント
[08/03 サトウ]
[07/15 ねこだす]
[06/20 ガイキング見たかった]
[05/23 ご来訪]
[05/20 ご来訪]
[02/23 ねこかげ]
[11/29 ご来訪]
[07/22 アサタ]
[06/16 ねこかげ]
[05/30 とおりすがり]
お守り
世界のお守りブログパーツ
フリーエリア
うらない
最新トラックバック
ありがとうございます。
07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

市川治氏死去。
残念ながら私はボケナスだったせいか、いわゆる「長浜ロマン」は、コンバトラーVをそこそこ見ていた程度に留まっていましたよ。
だから、ハイネルさんとかリヒテルさんはあんまり存じてなかったりいたします。
それで、この方の声というと、真っ先に思い浮かぶのがスーパー・ジェッターでして。
ハイトーンで、澄んだ張りのある声の、「ぼくはジェッター、1000年の未来から時の流れを超えてやってきた」は子供心に大好きだったなあ。
まさに正義の味方の好青年!!って感じだったんだよ。

ついでに、女性記者のカオルさんに憧れたりしたさ~。当時のヒロインとしては、活動的な職業婦人って珍しかったんじゃないのかねえ。(でもヒロインが女性記者、っていうのは、おそらくスーパーマンの影響かと思いますが。)
ショートカットにマンボズボン(サブリナパンツではないと思う)にベレー帽とか、カオルさんのファッションがもう素敵すぎです。

これも夏休みによく再放送してたよねえ。あたしゃ絵本を持ってました。


あと、勇者ライディーンのプリンスシャーキンさんも好きだった。
なんつーか、洸のクラスにオカッパ頭の転校生としてやってきた時は、まことになんつーか、アレな意味で涙を禁じえなかった。
(しかも名前が金吾くん…。唐突に、柳家金語楼の白金カイロのCMを思い出していた私だったが。)



牟田悌三氏死去。
ケンちゃんシリーズはチャコちゃんの頃から良く見ていたし、これまた大好きだったんだけど、なぜか牟田悌三氏がお父さん役だったというのはすっかり忘れてたよ。
かわりに何を思い出したかというと、キャプテン・ブリープのナレーションの声でした。トホホ…なんて偏った記憶なんだろうか、というのは置いといて。

キャプテン・ブリープっていうのは、多分、あまりにも古くて、まともなタイトル出しも無かったようなアメリカ製の古典アニメなんだけど、みんなタイトルを覚えてないのでなかなか話題に上らない。
東京12チャンネルの「マンガのくに」の初期にくりかえしやってたと思う。
登場人物は正義の味方で金魚鉢をかぶったプラナリアみたいな頭のキャプテンと、お供のお人よしな野蛮人型原始人と、カウボーイ服の男の子人形、あとは何か敵がいたんだよ。キャプテンはなぜか宇宙で一輪車を漕ぐようなアクションをする。
簡単な効果音(キャラがあたりを見回すときに木琴でキョロキョロ音を入れる、というような)と、たまにキャプテンがブクブク言ってたっけか。でも、牟田悌三氏の親しみやすく軽妙なナレーションが主だった。これも大好きだったな~。キャプテンがどんな生き物なんだかさっぱりわからんかったけど。

COLONEL BLEEP'S ATOMIC WEB ADVENTURES...
米国のキャプテン・ブリープ・ファンサイト。
素晴らしい。


Colonel Bleep [VHS] [Import]
どーだ、可愛いだろー。
米国amazonではDVDも売ってるよ。買う予定。
しかし、邦題はcaptainなのに原題はcolonelなのね。降格か。






先日はベルク・カッツェの人も亡くなったね…。
合掌。

そしてますます寂しくなったが、さらに昭和への想いを深める私であるさ。





■■■



そーいえば、まだケンちゃんが放送してた頃。
家族でどっか行った帰り道、車で通りかかった世田谷区内もしくは世田谷寄りの調布の住宅街で、
「ほら、あそこがケンちゃんの家だから」
と、うちのおかんが指差しておしえてくれたことがあった。
そこがケンちゃん役の宮脇氏の住んでた家だったのか、ケンちゃんのロケで使ってた家だったのか、もうわからんのですが。
なんせ普通の地味な玄関の一軒家で、お子様の私としては、別にそんなの見てもあんまし嬉しくなかったから「ふーんそう」で終了。

…つーか、母よ、あんたなんでそんなの知ってたんだ?
これでは子供がおたくに育っても無理はないと思う。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
訃報市川治さん
アタシはプリンスハイネル様で市川治のお声に憧れましたけど・・・。
ショッカーライダー2号もこの方だ(^^ゞ
でも悲しくてすこし落ち込んでいます。
げんさん / 2009/01/10(Sat) /
Re:訃報市川治さん
ありゃ、そうなん?
ツノが生えてる男とかヅラかぶってる男とかに魅かれるんであろうか。
うはは、わたしもショッカーライダーは気になったよ。ジェッターくんがこんなところにと思った(笑
 (2009/01/10)
シャーキン様が
元祖美形敵キャラですぞ、シャーキン様・・・ご冥福をお祈りします
ああ、それにしても、もうこんな年だったのねえ・・
自分だってもう○○歳ですもの
お猫さまさん / 2009/01/10(Sat) /
Re:シャーキン様が
シャーキンさんとガルーダさんは、ガミラス星人なみに血色悪かったんだよねえ。きっと顔色がよければ、リヒテルさんやハイネルさんなみの人気だったかも。


>自分だってもう○○歳ですもの

問1:
○○の中に適切な数字をいれなさい。
ただし、左の○には1から3までの数字を入れることはできません。

うはー、それは私だー!!
 (2009/01/11)
COLONEL BLEEP
ありがとうございました。
youtube等の動画サイトの
おかげで、たいていのモノは
見られたのですが、これは
タイトルがわからないので
長い間お手上げでした。
アニメ、金魚鉢をかぶった
主人公、原始人、子供で
検索したら、こちらが見つかり
ました。おかげですっきり
しました。
赤木さん / 2009/11/10(Tue) /
Re:COLONEL BLEEP
お役に立ててなによりです。
ちなみに私は子供の頃からずっとキャプテングリークだと思ってました。
オープニングで「キャプテンブリープ…キャプテンブリープ…」とこだましてるのが、グリークにしか聞こえなかった…
 (2009/11/12)
牟田悌三氏
キャプテンブリープのナレーションって牟田悌三氏でしたっけ?
なんか記憶と合致しません。
「ヘッケルジャッケル」のナレーションなら間違いなく
牟田悌三氏でした。
「こりゃ癪だった!」というセリフが決まり文句でした。

キャプテンブリープは、番組中でタイトルを表示しないで、
ナレーションが「宇宙情報局IIA」と叫ぶのみでしたね。

ちなみに一年ぐらい前に放送していた「toLOVEる」という深夜アニメの
第2話でヒロインが美術の時間に描いた絵が
キャプテンブリープでした。
今でもファンがいるんですね。
バルメシさん / 2009/11/14(Sat) /
Re:牟田悌三氏
>キャプテンブリープのナレーションって牟田悌三氏でしたっけ?
>なんか記憶と合致しません。
>「ヘッケルジャッケル」のナレーションなら間違いなく
>牟田悌三氏でした。

どうも返信が遅くなりましてすみません。
あー、牟田氏ではなかったですか…今まで、牟田氏だと信じて生きてました、お恥ずかしい。もしかすると、本放送当時の新聞のTV欄に声の出演が載ってるでしょうか…載ってないかなあ…。

ヘッケルジャッケルはわりと近年(と言っても8年位前)に、アメリカの雑貨屋でキーホルダーが売られてるのを発見し、喜んでつい買ってしまいました。リバイバルというか、懐かしのキャラグッズみたいな感じでしたが。

キャプテンブリープはレトロな感じがかえって可愛く見えるので、今の子たちにもうけるのではないかと。おそらくもう、日本のTVで見られる日は来ないのだと思いますが…。
 (2010/02/03)
Trackback URL
Copyright c おたくの魂100までも All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]