忍者ブログ
「なつかしの」みたいな話。昭和レトロではなく、古いおたくの単なる昔話と視点のずれた世間話。しかもマイナー好みで忘れっぽい。大空魔竜ガイキングを礎に生きる日々。だと思う。 さぼり気味ですごめんなさい。
プロフィール
HN:
さまんささん
性別:
女性
職業:
バーゲンハンター
趣味:
昔話
自己紹介:
特に何がどうということもなく。
放置気味ガイキングサイトをやってます。URLはサーパラで調べてくださいまし。

コメントがございましたらcommentからどうぞ。

商品画像の使用目当てにamazonアソシエイトになってます。

最新コメント
[08/03 サトウ]
[07/15 ねこだす]
[06/20 ガイキング見たかった]
[05/23 ご来訪]
[05/20 ご来訪]
[02/23 ねこかげ]
[11/29 ご来訪]
[07/22 アサタ]
[06/16 ねこかげ]
[05/30 とおりすがり]
お守り
世界のお守りブログパーツ
フリーエリア
うらない
最新トラックバック
ありがとうございます。
07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うお。
8年くらい前?に描いた新スパイ大作戦のロゴが出てきた。
昔の私は、ビデオ見ながら延々と10日くらいかけてこんなのをこさえてたんだな…。
iMACでPHOTDELUXE。

拍手[2回]

PR
うむむ。
フェルプス君逝去である。
デアゴスティーニ買ってませんけど、ヤフオクで安くなったら買おう…と思っていた矢先です。
なんか失礼な私です。私は新スパファンなものでして、申し訳ない。

スパイの記念撮影…ってよく考えたらなんか変だよねえ。


久しぶりに、パラマウント謹製新スパイ大作戦カードを出してきてながめてみました。
サインはまず本物だと思う…。ピーター氏ってけっこうサインしまくりだったみたいで、あんまり珍しくないよ。このカードも、日本的には「××デパートにピーター・グレーブスがやってくる!」って感じの番組宣伝サイン会みたいなので大量に配ったんじゃないでしょうか。

それにしても、みなさん顔面のコンディションが最悪な状態でのフォトセッションという感じですね。顔がテカってるし、ほっぺた赤いし、髪型もいまひとつキマってないし。
ニコラスなんて、第二シーズン用のお写真のほうが格段にグッドルッキングなんだわよ。
御本尊様もなんかぼやけた顔だけど、モデルだったせいか一人で写ってるのはさすがにかっちょいいですよ。ぐふふ。


敵方に「銀髪の悪魔」なんて言われてたなー、フェルプス君。
かなり白っぽいのは、ノルウェー系アメリカ人であったかららしい。

俳優さんの多くは、イメージの固定を恐れてだと思うけど、同じ役をずっとやりたがらなくて途中で降板しちゃったりもするけど、ピーターさんは最後までフェルプス君をやり遂げました。
トム・クルーズさんのMission: Impossibleの試写会にグレッグ・モリスさんと一緒に出席したけど、怒って途中で2人して席を立ってしまった、という逸話もまた懐かしい。
そりゃーあんた、あのフェルプス君はTVのフェルプス君とは似ても似つかないキャラだんべ。女房は色っぽい娘っ子だし、しかも悪いし、しかも「オラが仕込んだからよかったべ?」みたいな。
だめよ。フェルプス君は何が何でも絶対的に高潔で裏の無い人物なのよ。

なんかちっとも追悼にならないのでやめとこう…。
フェルプス君は永遠にピーターさんだけのものである。
合掌。

拍手[0回]

ちょっと重いかな…
平成ナイトライダーがNBC(長崎ではない)で9月に登場だって。

ささきいさおの吹き替えではなさそう
手足長くて、ロングショットはキマる人。


うはー。とりあえずCGでガツガツやりまくりです。気持ちはわかるけど、ほんとにトランスフォーマーみたいになってまいりましたね。
(マグマ大使のロケット変身シーンが進化したら、やっぱこんな感じになるんだろうなと思ってみた)


本邦ではまずスーパーチャンネル(今はスーパードラマTVだっけ?)で鳴り物入りで放映開始って感じになるんじゃないですかね。
新ヒーローのルックスの具合は…うーん、今風の好青年?。昭和ナイトのほうがはるかに濃厚でクセのあるキャラだったけどねえ。まあ私の好みはキャステロなオルモスなので、ここでどっちがいいとか語る資格はなさそうですね。

デビッド・ハッセルホフ氏は今じゃすっかり酔っ払い親父の芸風が板についてるし(ていうか私生活そのまんま)、時代は変わっちまったなあ。



- - - - -


えーと。
これだけ書いてて言うのもなんだけど…これが日本で放送しても、私はたぶん見ない…。
最近、アニメもドラマもリメイク多いね。ガイキングとか(泣

拍手[0回]

レイアウトかえてみた。
またマジンガーカラーです。ダダッダー。

しかもすんげえナメたブログパーツです。
もし足に踏まれたら、右上の「ブログに戻る」で戻ってきて下さい。
(足が邪魔な場合、CLOSEで消えます。)


そうか、モンティ・パイソンって1976年だったのか…。
今野雄二のうんちく語りが好きじゃなかったなあ。いやそれもまた懐かしいですけど。

拍手[0回]

実はオルモスファンになって22年。
でも、私にとっての輝かしいオルモスは、やっぱキャステロ主任なんだよなあ。キャステロ以外だと「ドリームゲーム・夢を追う男」のオルモスもすごく好きだ。「ブレードランナー」は、まあ、むにゃむにゃ…。おるもっち自身は気に入ってるみたいだけどね。
とりあえず、ギャラクティカは初回から見逃してて、これじゃいかんと思って今回は録画予約しといた。
どれ、と再生してみたら…なんじゃこりゃ。ボナンザの親父じゃねーか。
間違えて、旧作のほうを録画してしまった。


今日は途中からギャラクティカ見た。
オルモスファン歴22年の私だからこそ言う。
あいかわらずきったねえ顔だなあ!!!!!
でも蘇る愛情。

きたねえじじいでもオルモスならぜんぜんオッケー。
水曜からは間違えずに録画して、真面目に見るわ。


旧作とちがって、スターバックが女体可してるのも気になる。
昔はリチャード・ハッチだったんだけどなあ。ハッチさんはゲイなんだよね。関係ないけど。


- - - - -


これが気になってしょうがない。誰か答えてくれないか。

蚊取りブタの勇者様

拍手[0回]

夏に、細々と超人ハルクの本を出しました。まー、相変わらずの零細家内手工業サークルですので、ごく少部数よ。
その際、ちょっとビル・ビクスビーのことを調べるついでに、なんの脈絡も無くバーバラ・イーデンのファンサイトを見たですよ。

バーバラ・イーデンさんは、大昔に「スクリーン・ジェムスの3大魔女シリーズ」のひとつ「可愛い魔女ジニー」でお色気をふりまいていた大お姉さんです。
3大魔女ってのは、「奥さまは魔女」「可愛い魔女ジニー」ときて、サリー・フィールドの「いたずら天使」(神父が男前)だったかなあ。あやふや。
後にバーバラは「わが町ハーパーバレーは大騒ぎ」っていうのにも主演。
子連れの美貌未亡人でエイボンみたいな化粧品セールスレディをやってるバーバラが、旦那の故郷の田舎町で、封建的なPTA会長婦人とその婿養子を向こうに回して猛ハッスル(死語)、っていうようなシトコム。タンクトップに短パンでジョギング、明るくハーイなんてご挨拶、田舎で浮きまくりのブロンドお色気美人バーバラに町のおっさんたちはメロメロ。娘役にわざと不美人ちゃんを配してたが。主題歌はカントリーで、カントリーがあんまし好きでない私でもいい感じのノリでした。
バーバラの吹き替えは吉田理保子氏だったよね、たしか。
本邦ではTBSで夜中に1シーズン程度放映だったと思う。

バーバラさんといえば、妙なTVMも印象深い。
もうタイトルも覚えてないけど、12チャンネルで昼過ぎの洋画枠で何度もやってたSFもの。
ストーリーは、どうもうちの可愛い奥さんの様子がおかしい、と勘繰る主人公。
その奥さんていうのがバーバラ演ずる若妻(ちっとも若くな…)なんだけど、冷蔵庫から、皿にどっぺりと山盛りのタコのナマ足を出してきて食う。
それもそのはず、若妻(ちっとも若くな…)は宇宙人の子を宿してたのだみたいな話。
当時は私もまだ若かったせいか、アメリカ人は宇宙人の子を妊娠すると生タコ食いたくなるんかよという疑問しか残らなかった。なんせそこしか覚えてないので、もう一度ぜひ見たい作品です。えっ、タイトル?…知らんわ。


やる気の無い絵ですみません。もっとこう、腐りかけっぽくてどっぺりとしたのがプレートに山盛りで。

で、サイト。
おおお~。可愛い魔女ジニーだ。おばちゃんになったけど、たしかにジニーだ。
画像もいっぱいある。ジニーの壷もじっくり見られる。

バーバラ・イーデン・ファンサイト(英語/ドイツ語)



ハクション大魔王ってジニーが元ネタかなあ?

拍手[1回]


とりあえず、秘密諜報員ジョン・ドレイク。エレキよろし。




第1回 海外ドラマ検定というのをやってみました。
普段大口たたいている割には成績ふるわず。こういう時に実力がばれるわけでして。

============================================================

+++ 海外ドラマ検定 成績発表 +++

あなたの総合得点は72点  全国平均 51点

全国順位(7月4日 14時現在)
793位(8274人中)

--ジャンル別得点表------------
          
----------------------

--講評---------------------
あなたは「海外ドラマの玄人クラス」
海外ドラマはよく見るけど、細かいことは覚えていない。そんなところでしょうか。いいんです、今のままで。これからも海外ドラマをご覧ください。そして、周囲の人たちに海外ドラマの楽しさを伝えてあげましょう。みんなの人気者になること間違いなし!
あなたは1980年代から90年代のドラマに強いタイプです。同世代が集まったら、話題にしてみてください。きっと青春時代の話で盛り上がるはずです。
あなたはアクションものに最も興味があります。最近でしたら『24』がオススメです。
--------------------------
エンタ検定実施中!
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/kaigai/


●プライバシーポリシー ●リンクポリシー
Copyright (C) 2002-2006 Nikkei Business Publications,Inc. All Rights Reserved.

============================================================


表がどうしてもずれるから画像にいたしました。

で、…玄人クラスってなんだ(笑)。
ま、とりあえず今回も言い訳しておくと、「LOST」「フレンズ」「OC」といった、私が生まれてこのかた1秒も見たことが無いドラマからの出題が多かったです。ほとんどが最近の米国物のドラマで、英国物の「作家探偵ジェイソン・キング」なんかは影も形も無し。米国物でも、「事件記者ルー・グラント」「クライムストーリー」「事件記者コルチャック」「超人ハルク」「新スパイ大作戦」とかの出題は無し。
(…ていうか、私の好みで問題が作られることはまず無いと思うが。)
この検定の対象は、最近のFOXやスーパードラマTVをまめに見て、最近発売のDVDをボンボン買ってる「海外ドラマ上得意様」の方々でありましょうか。ちぇ。

まあとりあえず、海外ドラマの楽しさを伝えろって言うからそうしますのでよろしく。
で、さっそくハッセルホフさんの一曲をお伝えしますので是非。




エクセレント。まじで。

拍手[0回]

Copyright c おたくの魂100までも All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]